2005年12月01日

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者

ジャンル:ゲーム(ファミコンディスクシステム、ゲームボーイアドバンス)


≪中古 GBA≫ファミコン探偵倶楽部消えた後継者(前後編)




1988年発売の、
ファミコンディスクシステム2枚組
推理アドベンチャーゲームです。


ファンも多く、
新作を出して欲しいという声も結構あるみたいですね。
管理人は、
嘆願書まで
出したことがあります。
任天堂さんから返事が来て、
やんわり断られましたが・・。
でも、いずれ出る可能性はゼロではないはず。
待ちますよ、任天堂さん。



ストーリーは、
記憶喪失になった少年=プレイヤーが
記憶を取り戻しつつ
連続殺人事件の犯人を追う・・というもの。


画期的だったのが、
名字と名前を両方入力できること。

当時のゲームは名前入れたとしても4文字程度でしたから
これには驚きました。
人によって、名字で呼ばれたり名前で呼ばれたりするんですよね。
これによって、実際に
主人公によりなりきれるわけです。



このゲームは・・
音楽がすごくいい!
探偵事務所の音楽は
このゲームのテーマ曲というかね。
すごく癒されます。
時々、鍵盤で弾いちゃうんですが。



「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」をやるには?
・・ディスクシステム書き換えが終了したため、
ディスクシステム版は入手するのは大変ですね。
まあ、その前にディスクシステムを持ってないとなりませんが・・
(ちなみに管理人は2台持ってます)

↓やはり、ゲームボーイアドバンス版を買うのが早いでしょう。
≪中古 GBA≫ファミコン探偵倶楽部消えた後継者(前後編)


任天堂の次世代機「レボリューション」は
今までの任天堂ゲームがほとんどダウンロードできるらしいですから
このゲームもできる可能性アリ。



どんでん度チェック!
・・ポイントはもちろん犯人は誰か?です。
あ〜まだミステリーに慣れてない頃だったので
しっかり騙されました。
任天堂さんは、推理アドベンチャーもうまいですね。



(評価) ゴールドどんでん
★★★★★★★★
posted by redstone at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールドどんでん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。