2005年12月01日

ファミコン探偵倶楽部part2 うしろに立つ少女

ジャンル:ゲーム(ファミコンディスクシステム、
スーパーファミコン書き換えシステム、ゲームボーイアドバンス)



≪中古GBA≫ファミコン探偵倶楽部 part2うしろに立つ少女【完品】



1989年発売の
「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」の続編。
ディスクシステム2枚組。


当時管理人は、すごく待ち遠しくて
ディスクシステムだから書き換えができるのにも関わらず、
前、後編とも発売日にディスクカード買い
したのを覚えてます。
(書き換えが500円ですから2枚で1000円。
ディスクカードが2600円ですから2枚で5200円。その差4200円!)


今作は続編ですが、話は前作の前。
主人公が空木探偵事務所に入って、橘あゆみ(このゲームのヒロイン)と会う頃の話です。


舞台は私立丑美津高校。
空木探偵事務所の助手として殺人事件を任された主人公が
橘あゆみとともに事件の謎を解いていきます。


舞台が学校ということで、
学校の怪談話
がモチーフになっています。
前作よりも怖いって声も多かったのでは?
(管理人は怖くなかったですけどぉ)



前作にあった、「思い出す」コマンドは
なくなってます。
(記憶なくす前の話ですから当然ですが)
これにより、わりとオーソドックスな推理アドベンチャーになったんですが
それでも、名作には変わりありません。


印象的なのは、
男の90パーセントはやった
と思われる、
婦警さんの体をいっぱい調べてゲームオーバー。

婦警さんの胸などを指カーソルで調べると怒られるんですが、
それでもしつこく調べると
画面に「ゲームオーバー」と・・
これに驚いた人も多かったのでは。
任天堂さんが入れたお遊びなんですが。
ちょっとHな遊びがところどころ入ってました。



「ファミコン探偵倶楽部part2 うしろに立つ少女」をやるには?
・・ディスクシステム版はもちろん入手が大変。
スーパーファミコン書き換え版はグラフィックがグレードアップしてるし、
若干リニューアルされてるので、一度やっておくといいですね。
(ストーリーを知ってるせいか、あっさりした感じを受けましたが・・)

↓ゲームボーイアドバンス版もなかなかいいみたいです。
≪中古GBA≫ファミコン探偵倶楽部 part2うしろに立つ少女【完品】

なんとこのアドバンス版、
任天堂初の15歳以上対象
だそうです。
やった人はわかると思いますが、
ひとみちゃんの存在のせいみたいです。



どんでん度チェック!
・・果たして、犯人は誰か?
「消えた後継者」ほどは驚きませんでしたが
ミステリー慣れしてない当時、
うまいことシナリオに誘導されて
別の人を犯人だと思ってしまいました・・。



(評価) シルバーどんでん
★★★★★★★
posted by redstone at 16:20| Comment(6) | TrackBack(0) | シルバーどんでん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。